みなさまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

今回は、弊社の社員教育について、紹介いたします。

弊社では、

お客様とより良い関係が構築できるよう、

保険商品や、その周辺知識だけでなく、

コミュニケーション力を養うため、

心理学なども学んでおります。

保険って、言い回しが難しかったり、

補償内容が入り組んでいたり、

例えパンフレットの図解を見ても、

理解しにくいことがありますよね。

そんな時こそ私達の出番!

・「つまりこれは~」と、端的に要約する力

・簡単な表現で、身近な例で、分かりやすく言い換える力

・潜在的なニーズに気づき、最適な商品を提案する力

これらが必要であると考えております。

先週から新たにスタートした勉強会のメニューは・・・

 

読解力の強化!

 

今回は、社長も含めて全員がテストを行いました。

難なく全問正解する者から、

回答に対して一考の余地がある!と訴える者まで現れました。

毎回、勉強会の内容は、社員同士の話題にも上がり、

社内のコミュニケーションまで盛り上がっています。

毎週木曜日の定期勉強会の仲間入りをした教材がコチラ↓

例題1 うるさい音

「あの音、なんとかならないのかなあ」「朝から晩までずーっと工事をやっているんだから」「もう少し静かにやってくれたらなぁ」とぼやいてる2人の声も、なかなかうるさい。

問「あの音」が指すこととして、正しいものを選びなさい。

 A工事の音

 Bぼやいている人の声

 Cこの文章だけではわからない何らかの音

回答は記事の最後に記載しております。

(※問題は、出版社の許可を得て掲載しております)

 

ちょっとやさしめ・・・

いえいえ、「やさしめ」といっても侮れません!

日々の簡単なコミュニケーションでさえも、

ちょっとした解釈のズレなど、

すれ違いが生じたりしますよね。

 

正しく理解することから、

正しくお伝えする力に変える。

 

 私達、基礎から読解力を積み上げてまいります!!

問題の答え  A